ワールドカップを占う

Translated into Japanese (Original version)


皆さんはタコのパウル君を覚えていますか?ドイツ代表の試合結果を予想して、2010年のワールドカップのスターになったタコです。決勝戦の優勝チームも的中させていました。予想は2008年欧州選手権から始めたのですが,13試合中11試合の結果を見事に的中させています。予想の方法は,各試合に出場するチームの国旗がついた箱に餌が入っていて,そのうちの一つを選択するというものでした。残念なことに,パウル君は2010年末に死んでしまいました。

もっとも,予想をするのはパウル君だけではありませんでした。ワニのハリーも2010年ワールドカップの勝者を当てています。それだけでなく,2回連続で​​オーストラリア連邦選挙の結果を予測して見せました。それでも,ドイツのタコ君ほどは人を引きつけることはありませんでした。シンガポールのオウムのマニも,2010年ワールドカップの準々決勝と準決勝を的中させていますが,決勝戦ではスペインとオランダの勝者を外してしまい,さほど人気は出ませんでした。

パウル君が早々と死んでしまってからは,激しい後継合戦が繰り広げられてきています。2012年欧州選手権の時も,3匹の動物がこの予想合戦に参加しました:ポーランドのクラクフ市にある動物園のインド象のチッタ。Twitterでフォローも出来るウクライナのフェレットのフレッド。そして,3試合中2試合を的中させたウクライナの占い豚のフンティックです。

次回ワールドカップでタコのパウロの後を継ぐのは誰でしょうか?それは,サンピエトロ広場で法王フランシスから祝福を受け,今やイタリア国営放送のスターとなっているオウムでしょうか?それとも,これまでに33試合のうち30試合を的中させたドイツの象のネリーでしょうか?それに,中国の国営メディアが後押ししている仔パンダの超能力も見くびってはいけません。

イタリアのオウムはアモーレ(イタリア語で愛の意)という名前ですが,ミニチュアサッカー場で勝利チームの旗を選んでは試合結果の予想を出してくれます。ネリー君は,対戦国の国旗を前に置いたゴールネットのどちらかにボールを蹴り込んで勝ちチームを予想します。仔パンダ君の場合は,グループリーグの試合は,国旗をつけた箱の餌を選んで結果を予想し,トーナメント戦は国旗を掲げた木に登って予想するという具合です。

皆さんはペットを飼っていますか?
皆さんのペットの方がもっと当たるとか?どんな予想法でしょうか?
試しにやらせてみましょうよ!

by Jun Matsumura

0 Votes
#1031 of #1440 in the World
#6 of #7 for Japanese



Go to the ranking page for Japanese

Can you translate better?

Join the challenge